宣なるかな No.3(看護婦の体験談)

ナースステーションに戻り1時間程経ち見回りの時間になりました。
何事も無く一通り見回るとすぐ大輝君の病室へ向かいました。
「待った?」
「待ちくたびれた。」
「そのわりにはこっちは元気いっぱいじゃない?」
毛布越しに起ったチンチンを指で弾きました。
「斎藤さんの足音が聞こえてきたらこうなっちゃった」
「じゃぁ早く済ませちゃいましょ。遅くなると他の看護士さんが見に来るかもしれないから。」
早速大輝君のパンツを降ろしチンチンを扱きます。
「いつでもイッテ良いからね。」
「さ…斎藤さん…触っても良い?」
「どこを触りたいの?」
「…オッパイ…」
記事元で続きを見る