運命の日…そして今

痴漢体験の最後のお話です。新しい痴漢の人は前の人と同じく20台前半くらいの大学生風の人で、毎日は現れず、2・3日に1回くらいのペースで私をイカせに来てくれていました。来てくれた日は彼の指と私の
記事元で続きを見る