出張先のスナックで知り合った女性 2

いよいよ彼女と湯船の中で対面座位で挿入。私の一物は、平均サイズですが、彼女の膣は緩くなくピッタリと一物にフィットしていた。

ジュポジュポと出し入れしながらオッパイを弄りキスを繰り返し、しだいに彼女が感じてきたので、膣が一物を締め始めてきて、このままじゃ、中出ししそうになったから一物を抜こうとすると

「イヤツ、このままでいい、気持ちいいから」
「でも、生出しは、まずいでしょ?」

「大丈夫、ピル飲んでるから」
「だから、このままイカセテ・・」

「本当に大丈夫?」
「だいじょうぶ、だから、オネガイこのままでイカセテ」

と云うから私は、…

記事元で続きを見る
人気のエッチ体験談